水のトラブルで一番多いトイレ詰まりの原因と解消方法

詰まりやすいトイレにご用心!トラブルが起きやすい状態を把握しよう 詰まりやすいトイレにご用心!トラブルが起きやすい状態を把握しよう

詰まりやすくなったトイレの原因とは

トイレ

トイレが最近詰まりやすくなってるような気がするという人は必見です。トイレは詰まり癖がつくことがあるのをご存知でしょうか。トイレでの水のトラブルでよくある「詰まり」について、原因や対策を考えていきましょう。

水のトラブルを起こす原因

設置時の不具合
トイレの便器交換をした後や、トイレのリフォームを施した後に詰まりやすくなったという場合は、設置の際に何等かの不具合が起こってしまったのかもしれません。便器の交換は比較的難しい作業ではないため、慎重性を欠き、設置ミスが起こることもあります。
トイレの使用法を誤っている
節水トイレの場合、トイレの使用法が誤っているために詰まりやすくなることがあります。節水トイレはトイレットペーパーをためて流したり、多量の便を一度に流したりすることを苦手とします。節水トイレを使う場合には、こまめに回数を分けて流すことが望ましいでしょう。
排水管の劣化
土地の地盤沈下や隆起、地震の際に地盤が変形することによって、もともと埋めていた配管の傾斜角度が変わってしまうことがあります。特に、逆勾配や勾配がなくなりフラットになってしまった場合などは、節水タイプのトイレでは流しきれないということが起こりやすくなります。

ちょっと配慮で水のトラブルリスクは軽減できる

トイレットペーパー以外の物を流さない
トイレの詰まりのリスクを回避するには、トイレットペーパー以外のものを流さないようにすることがポイントです。流せるトイレのお掃除シートや流せるペットの砂などが販売されていますが、流れるだけであって、決して溶けやすく詰まりにくいわけではないということを覚えておきましょう。
タンク周りに物は置かない
トイレのタンクの上や棚の上などに置いていた物が便器の中に落ちて、トイレが詰まってしまったということはよくある話です。タンク周りやトイレの棚には便器の排水口よりも小さな物は置かないように心がけましょう。
節水はしない
テレビや雑誌などでよく見かけるような、ペットボトルやビール瓶をタンクに入れる節水方法などは、便器の流水量が守られないだけでなく、水漏れや故障の原因になる可能性があります。節水をする場合には、節水タイプの便器へ取り替えるようにしましょう。

二次被害にならないためにも点検を依頼しよう

トイレの詰まりは本来であれば、それほど頻繁にあるものではありません。あまりに詰まりが頻発する場合は、トイレ内部に原因があることが考えられます。自分で修理をしようとしてより被害が拡大してしまうこともあるので、頻発する場合は水のトラブルの専門業者へ依頼することをおすすめします。

トイレが詰まったときは要注意!【やってはいけない対象法】

トイレが詰まったときは、正しく対処をしないと、結果的に大がかりな修理が必要になることもあります。してはいけない対処法を覚えておきましょう。

このような対処は危険

トイレが詰まりに、市販のパイプクリーナーを使用したことがある人もいるでしょう。市販のパイプクリーナーは、お風呂用のものが大半で、成分上トイレットペーパーなどは溶解できません。市販品の中には、熱を発するものもあり、発した熱でトイレの配管やゴムを溶かしたり傷つけたりしてしまう恐れがあります。パイプクリーナーはトイレの詰まりには不向きです。しかし、お湯ラバーカップなどを上手に使うことで詰まりを軽減できる方法もあります。安全におこなえる対処法で、厄介な水のトラブルを解消しましょう。

TOPボタン