詰まりが起きた時に使える「お湯」の上手な活用方法

詰まりやすいトイレにご用心!トラブルが起きやすい状態を把握しよう 詰まりやすいトイレにご用心!トラブルが起きやすい状態を把握しよう

実際に詰まった際の対処~詰まったトイレにはお湯が効果的~

トイレが詰まってしまったときの対処法として、お湯を使う方法もあります。お湯を使って詰まりをふやかす解消法の手順をチェックしてみましょう。

詰まり解消するポイントは「S字トラップ」

トイレの配管には、使用していないときに虫や悪臭が上がってこないようにするため、少量の水をためておくS字トラップという場所があります。文字通りS字型をしており、前述のように虫や臭い対策に必要ですが、その形状から紙や物が詰まりやすい部分でもあります。詰まりはこのS字トラップ部分を解消することがポイントです。

お湯を使用した詰まりの対処手順

お湯を用意する

詰まりを解消するために、まずはお湯を用意します。このときポイントとなるのはお湯の温度です。トイレは陶器なので、お湯が高温すぎると割れてしまうので温度は必ず守りましょう。適温は40~60度で、鍋で沸かすときなどは、ふつふつ泡が出て湯気があがった頃がちょうど良いでしょう。熱すぎる場合は、冷水で温度を調節すると使えます。

便器にお湯を流す

便器にお湯を流す前には、溢れないように、すでにある便器内の水をなるべくかき出して空に近い状態にしておきましょう。まずは、バケツにくんだ水を少し高めの位置から排水口目がけて流します。水で解消されない場合は前述のお湯を使用します。お湯も同じように高い位置からピンポイントで排水口に流します。様子を見ながら数回チャレンジしてみましょう。

しばらく様子を見る

勢いをつけ過ぎないよう注意しながらお湯を流し、詰まりがふやけるように1時間程度放置します。勢いが付きすぎると、かえって水が溜まってしまうことがあるので注意しましょう。トイレの水が溢れないように注意しながら、この動きを2~3度繰り返します。同時にお湯の中に重曹やお酢を溶かしておくとより一層効果が高まります。

お湯を流すことで詰まりがふやけて解消しやすくなりますが、ラバーカップを併用するとより早く水のトラブルに対処できます。

TOPボタン