トイレ詰まりが起きた時に役立つ!ラバーカップの使用方法

詰まりやすいトイレにご用心!トラブルが起きやすい状態を把握しよう 詰まりやすいトイレにご用心!トラブルが起きやすい状態を把握しよう

この機会にラバーカップの正しい使用法をマスターしましょう

ラバーカップはあまり使うことがないという人もいるのではないでしょうか。ラバーカップの基本的な使い方を知っていると万が一のときに便利です。

ラバーカップの効果が発揮できる症状とは

トイレットペーパー

便利なラバーカップですが、全ての水のトラブルに対処できるわけではありません。効果を発揮できるのは、トイレの水が普段よりもゆっくり目に引いて行くような詰まりのときです。大量のトイレットペーパーやお掃除シートを流してしまったとき、誤ってティッシュペーパーやおむつをなどの紙製品を流してしまったときにはラバーカップで対処できることが多いでしょう。

正しいラバーカップの使用手順

ラバーカップをトイレに装着する

ラバーカップにはゴムの部分に突起があります。その突起部分を便器の排水口に入れカップを便器に密着させる必要があります。このときポイントになるのは、ゆっくりと押すという点です。カップ部分が水に浸かっていないと効果が半減するので、水に完全に浸からない場合は水を足して使用してください。

勢いよく引き上げる

ラバーカップは、引く力で詰まりを取り出す道具です。ゆっくりと便器に押し付けたら、勢いよく引きあげることが大切です。このとき、水が跳ねやすいので、あらかじめ大きめのゴミ袋などに穴をあけ、ラバーカップの柄を通し、水が飛び散らないようにしておくと便利です。

詰まった物を取り除く

押し付けることと引き上げることを数回繰り返すと、詰まっていたものが浮いてくるので、便器から取り出します。トイレットペーパーなどトイレに流しても大丈夫な物が詰まっていた場合は、小分けにして流し直します。その他の異物の場合は、便器から取り除いておきましょう。

ラバーカップを購入する際の注意点

ラバーカップにも種類があるのですか?
ラバーカップには、和式用と洋式用があるのをご存知でしょうか。間違えて購入してしまうと、最大限に効果を発揮できない可能性があるので、購入する前には、必ずチェックしておくことをおすすめします。洋式用は立てて置く際にもラバーの先に突起が出ています。和式用のものは、突起がなく、お椀をひっくり返したような形をしています。

日ごろからトイレの状態をチェックし、また対処方法を知っていると、非常時にも落ち着いて対応でき、住宅だけでなくお財布事情的にも安心です。

TOPボタン