トイレが詰まる時のサイン~早めにSOSを察知しよう~

詰まりやすいトイレにご用心!トラブルが起きやすい状態を把握しよう 詰まりやすいトイレにご用心!トラブルが起きやすい状態を把握しよう

トイレが詰まる際のサイン

横から見たトイレ

トイレの詰まりは日常的には起こらないので、ある日突然起こったかのように感じがちです。ですが、実際には詰まる前に、詰まりそうなサインが見て取れることもあります。詰まりそうなサインを見極めて早めに対処できるようにしましょう。

トイレのSOSを察知する

水位が高くなる
水を流した後に、普通であれば水が引いていき、溜まる水の水位が一定の高さに保たれます。トイレに何かが詰まっているときや詰まりかけているときは、溜まっている水の水位が普段よりも高くなることが多いものです。ラバーカップを数回試してみても解消されないようであれば、水のトラブルの専門業者に点検してもらったほうが良いでしょう。
水流が弱い
何らかの原因でタンクからの水流が少なくなっている場合には、トイレは詰まりを起こしやすい状態なので注意が必要です。水流が少ない場合は、タンク内の異常であるケースがほとんどです。トイレのタンクの中にペットボトルなどを入れている場合は、ペットボトルが邪魔をして水流に影響している場合があるので、すぐに取り去りましょう。
異音
排水管に異常がある場合や、すでに物が詰まっている(または詰まりかけている)場合は、水を流したときに普段とは違う音がすることがあります。排水管のトラブルは放置すると被害が拡大することがあるので、早急に対処することをおすすめします。賃貸住宅の場合は、水のトラブルに対応している業者に連絡する前に、まずは大家さんに連絡を入れましょう。

ワイヤーブラシを上手に使おう

上記のような症状がみられた場合は、ワイヤーブラシを使用することで、詰まりを解消することができる可能性があります。ワイヤーブラシとは、排水管の掃除に使う細長い金属ブラシで、ホームセンターなどで簡単に手に入れることができます。排水管にワイヤーブラシを通し、異物を取り除いたり、崩して水を通したりするときなどに使います。

TOPボタン